freee

【freee】手動で取引登録を使ってはいけない4つの理由

会計freeeには、
いろいろな取引登録の方法がありますが、
この「手動で取引登録する方法」を、
お使いの方はいらっしゃいますでしょうか?


もし日常的にお使いであれば、
やり方を考え直すことをおすすめしますよ~。

 

手動で取引登録は使ってはいけない

会計freeeは、
できるだけ手間をかけず、
かつ正確に帳簿付けができます。

しかも、簿記の知識が無くとも
処理ができるような工夫が凝らされているので、
会計ソフトの中でも、特におすすめしています。

ですが、この、手動で取引登録する方法はどうでしょうか?

使っていて、楽だな~、シンプルにできるな~、と感じますか?

もっとも基本的な登録方法ですし、
簿記らしい専門的な表現を極力排除しようとはしています。

「従来の会計ソフトよりよっぽどマシだよ」と
おっしゃる方もいるかもしれませんね。

ですが、この手動で取引登録する方法は、
freeeの良さを活かせない方法なので、使ってはいけません。

詳しくその理由を説明しますね。

 

理由① 入力・設定するものが多い

見ていただくとおり、
入力するハコがたくさんあるんですよね~。

ボタンや選択するリストもあります。

もちろん全部は入れなくてもいいんですが、
これを一つ一つ入れていくのは
たいへんですし、時間がかかります。

 

理由② 分かりづらい項目がある

たとえば、
左上の「収入」「支出」のボタンがありますが、
どちらがONなのか?
今は収入なのか?支出なのか?

パッと見てもよく分かりません。

たいてい、勘定科目を選ぶときに
「売上高?…あれっ、収入だったのか」などと気づきます。
※freeeの中の方、ぜひここは改善いただけると嬉しいです。

また、「未決済」を登録する際に、
「期日」「発生日」と、
日付を入力する欄が2つ出てきて、
どっちに何の日付を入れればいいのか?

混乱してしまいます。

「期日」はオプションなので、入れなくてもいいのですが、
ちょっと面食らってしまいます。

 

理由③ 現金の入出金は抜け漏れが心配

これは後ほど別記事にしたいですが、
「明細アップロード」以外の方法で
現金の取引登録を行っている方で、
取引が漏れていたり、
残高がマイナスになっている事例をよく目にします。

この手動で取引登録で、
現金取引をその都度ぽちぽち処理していると、
どうしても抜け漏れが出てしまいがちですし、
気づかないんですよね~。

 

理由④ 他の登録方法の方がスマートにできる

そして何より、これです。

・クレジットカード等との自動連携
・freee請求書機能
・明細アップロード
・エクセルインポート

こういった方法を使った方が、スマートに処理ができます。

わざわざ、手間もかかるし、
間違いが起きやすい、
手動で取引登録する方法を使う必要は無いんです。

 

まとめ

freeeの開発した方の思いとしても、
他の方法を使ってくれ~、と願っていると思うんですね。
(私の勝手な推測ですが…笑)

それは、他の方法の方が、
簡単だし、正確にできるからです。

これから、他の登録方法をこのブログで解説していきますので、
ぜひこの手動で取引登録は卒業して、
freeeの機能を最大限使ってほしいですね~。

 


 編集後記 

昨日は、顧問のお客様の、
書類の保管→振込み→帳簿づけ
の流れの効率化について検討しました。

会社を設立したばかりで、
経理なんてやったこともない社長にも、
「なるほど、これだけやればいいのね~」
「なんだ、これだけでいいのか、難しくないじゃん!」
と言っていただけるように、
いろいろ考えてます。

ABOUT ME
飯塚 千隼
仙台の公認会計士・税理士。 スモールビジネスの社長やフリーランスの不安や悩みを解消する近道として、事業の数字を「見える化」する仕組みづくりをサポートしています。 顧問税理士のいない個人事業主の方向けにスポット相談もお受けしています。 詳細なプロフィールはこちら