数字を見える化するメリット

悩みは書き出すと見えてくる、数字もまとめると見えてくる

悩みが頭を支配してしまって、
どうしようもない時、
自分が何に悩んでいるのか、
紙に書き出してみると、
何かしら見えてくるものがありますね。

事業の数字も同じです。

経営のことで悩んでしまっているとき、
事業の数字をまとめると、解決の糸口が見えてきます。

 

 

悩みは書き出すと見えてくる

日頃、ただ悩んでいるだけでは、
どうすればいいかは、なかなか見えてきませんね。

そんな時の対処法の王道というと、
「悩みを書き出してみる」。

ぼんやりと頭の中にあったモヤモヤを、
文字に起こすことによって、
その輪郭が見えてきますね。

すると、意外と大きな問題じゃないことに気づけたり、
自ずと解決策や対処法が見えてきたりします。

 

事業者の形のみえない悩み

それは、事業を運営していても、同じです。

・どのくらい売上があれば、やっていけるのか分からず、いつも不安。。
・売上は上がっているのに、なぜかお金が減っている。。
・今年度の税金はどれくらいになるか、どれだけためておけばいいか心配。。
・従業員一人当たり●円の売上があればいいと言うけれど、
 実際儲けは出ているのかな。。

経営者にしても、フリーランスにしても、悩みは尽きません。
私自身も一事業者ですので、気持ちはよく分かります。

ですが、
悩んでいるだけでは、前に進めません。
そして、問題を不必要に大きく捉えてしまっている可能性があります。

あるいは、
「とりあえず売上を上げればいいんだ」
と問題を単純化したくなるかもしれません。

ですが、売上を上げたいと思っても、そう簡単に上がるでしょうか…?
もし上がるとしても、売上の質の問題もあります。

 

数字もまとめると、見えてくる

じゃあどうしたらいいのか?
まずは帳簿をまとめることです。

事業の数字は、事業の現実を映しています。

・どれだけ儲かっているのか
・どれだけお金が残っているのか
・どれだけ税金が出そうなのか

頭の中のぼんやりとものではなく、
金額としてバシッとしたものが出るだけで、不安が和らぎます。
そんなに心配するほどではなかったと気づくかもしれません。

そして、現状が把握できれば、
おのずと解決の糸口が見えてきます。

もちろん、
・数字のまとめ方
・数字の見方
の工夫は必要ですね。

ですが、まずは、だいたいでもいいのです。
毎月、同じ方法で集計して、
比べてみれば、それだけでも見えてくるものはあるでしょう。

少なくとも、年に1回、
決算や確定申告で、
やんなきゃいけないからやる、それだけものではないんですよね。

 


 編集後記 

昨日は、お客様のマネーフォワードクラウド会計のカスタマイズ。

できるだけシンプルに経理をしていただくためには、
最初のひと手間が欠かせません。

請求書や給与計算との連動ができるといっても、
この辺りの工夫の余地はまだまだありそうです。

ABOUT ME
飯塚 千隼
仙台の公認会計士・税理士。 スモールビジネスの社長やフリーランスの不安や悩みを解消する近道として、事業の数字を「見える化」する仕組みづくりをサポートしています。 顧問税理士のいない個人事業主の方向けにスポット相談もお受けしています。 詳細なプロフィールはこちら