意外と知らない、会計freeeの売上計上方法の全体像①

会計freeeには、さまざまな売上計上方法が用意されています。

なんとなく使ってみても処理は可能ですが、
最適な処理方法を採用できているかは分からないもの。

網羅的に整理してみましたので、
今一度見直す参考にしてみてください。

売上計上の3パターン

現金で売ったパンと、クレジットで売ったパン、何が違う?

たとえばコンビニを経営しているとして、
108円のパンが2つ、売れました。

一つは現金で決済、
もう一つはクレジットカードで決済されました。

現金決済分は、売ったその時、お金をもらえましたが、
クレジット決済分は、クレジットカード会社を通して、
翌月になってから、入金されました。

つまり、入金タイミングがずれたわけです。

しかし、同じタイミングで、
同じ金額のパンが売れたことに違いはありません。

この「売れたタイミング」にこだわるのが会計です。

入金するタイミングが違っても、
売上は、実際に売れたタイミングで計上してね!

というのが会計のルールです。

 

入金と売上がズレると、処理が変わる

したがって、帳簿付けを行うには、
・入金のタイミング
・売上のタイミング
2つのタイミングを気にしなければならず、
売上の計上パターンには、以下の3通りになります。

①入金と売上のタイミングが一致する
②先に売上が上がり、後になって入金がある
③先に入金があり、後になって売上が上がる

 

今回はこのうち、
①入金と売上のタイミングが一致する
パターンの処理方法を説明します。

 

②売上計上→後日入金パターン

意外と知らない、会計freeeの売上計上方法の全体像②
会計freeeには、さまざまな売上計上方法が用意されています。 なんとなく使ってみても処理は可能ですが、 最適な処理方法を採用できているかは分からないもの。 網羅的に整理してみましたので、 今一度見直す参考にしてみてください。 売上計上の3パターン 会計上の売上の計上パターンには...

③先に入金があり、後になって売上が上がるパターン

意外と知らない、会計freeeの売上計上方法の全体像③
会計freeeには、さまざまな売上計上方法が用意されています。 なんとなく使ってみても処理は可能ですが、 最適な処理方法を採用できているかは分からないもの。 網羅的に整理してみましたので、 今一度見直す参考にしてみてください。 売上計上の3パターン 会計上の売上の計上パターンには...

 

「売上=入金」パターンの計上方法

売上タイミングと入金タイミングが一致する場合の
売上計上方法です。

以下の通り、5つの方法があります。
オススメは「自動」の2つ。
「手動」は補助的に使います。

 

ネットバンキング同期・明細アップロード

どういう方法?

・インターネットバンキング同期
・明細アップロード
は、どちらも「口座」をベースとした入力方法です。

「口座」とは、トップ画面の左側に出てくるこれです。

インターネットバンキングが
利用できる→ネットバンキング同期
利用できない→明細のアップロード
が基本になります。

口座を開設する際に、どちらにするか尋ねられます。

売上の計上は?

出入金情報の入力→勘定科目の登録、という2段階構成です。

ネットバンキングの場合、出入金情報が自動で入力されますが、
明細アップロードの場合、出入金情報をこちらで用意する必要があります。
具体的な方法はfreee公式ヘルプをご参照ください

さて、出入金情報を入力すると、
「未処理」として登録待ちの状態になります。

未処理の入金のうち、

その日に売上げ、その日に入金があったもの
つまり、売上=入金のもの
があれば、
勘定科目「売上高」を設定して登録します。これだけです。

 

取引の登録

どういう方法?

手動で各項目を入力する、基本的な方法です。

ただ、効率の良い方法ではないので、
補助的に使うものです。

トップ画面上部の「取引」より、
「取引の一覧・登録」にあります。

 

売上の計上は?

こういった入力画面が出てくるので、埋めていきます。

収入・支出ボタンは「収入」、
決済ボタンは「完了」を選択し、
入金された口座を選択します。

発生日は、入金日=売上日を入力、
勘定科目は「売上高」、金額を入力します。
その他は必要に応じて。

最後に「収入を登録」を押します。

決済ボタンに注目です。
売上=入金なら「完了」、売上→入金なら「未決済」と
売上計上パターンに応じて、ここで切り替えることができます。

 

ファイルボックス

どういう方法?

こちらは「取引の登録」と似ているのですが、
ちょっと変わり種で、
請求書や領収書のデータをアップロードすると、
データ解析により勘定科目や金額などを仮入力してくれる、
というものです。

場所は、トップ画面上部の「取引」より、
「ファイルボックス」にあります。

入力イメージはこんな感じです。

 

 

売上の計上は?

ファイルをアップロードするエリアに、
データをぶちこみます。
(スマホアプリで写真を撮って取り込むこともできます。)

すると、こういった入力画面が出てきます。
項目は「取引の登録」と同じです。

収入・支出ボタンは「収入」、
決済ボタンは「完了」を選択し、
入金された口座を選択します。

取引日は、入金日=売上日を入力、
勘定科目は「売上高」、金額を入力します。
その他は必要に応じて。

最後に「収入を登録」を押します。

ここも、決済ボタンに注目です。
売上=入金なら「完了」、売上→入金なら「未決済」と
売上計上パターンに応じて、ここで切り替えることができます。
 

連続取引登録

どんな方法?

連続取引登録は、
「取引の登録」や「ファイルボックス」の進化系?で、
大量に取引がある場合に、集中的に処理できるものです。

場所は、トップ画面上部の「取引」より、
「連続取引登録」にあります。

下部に未登録の書類データが並び、
その上に入力欄が並んでいます。

入力項目が一行に並んでいるから、
入力しやすいでしょ、ってことらしいです。

 

売上入力方法は?

請求書、領収書などの書類データは、
あらかじめ「ファイルボックス」にてアップロードしておきます。
(データ無しで入力することもできます。)

アップロードできたら、
「連続取引登録」の画面下部より、該当のデータを選択。
(データ無しで入力する場合は、
「連続取引登録」の画面左下に「証憑なしで取引登録」を選択します。)

 

上部の選択欄にて、
記帳月は、該当の月、
種類は「現金・預金」、
口座は入金口座を選択します。

あとはデータをみながら、所定欄を埋めていきます。
なお、発生日は、入金日=売上日になります。

登録するには、金額欄でEnterまたはTabを押す必要があります。
ここは何の指示もなく、
他の画面に映ると入力データが消えてしまうので要注意です。
(2018/7/26現在)
上部の選択欄にある、「種類」にて
売上=入金なら「現金・預金」、売上→入金なら「売掛金・未収金」と、
売上計上パターンに応じて、ここで切り替えることができます。

ただし、
取引の登録が難解すぎるほか、
日付の入力がしづらかったり、
記帳月の選択に意味があるのか分からなかったり、
現状、作り込みが甘い印象です。

まぁ、どちらかというと、経費の処理がメインの機能でしょうから、
売上の計上、という点でいえば参考程度ですね。

つづいて、売上→入金パターンについて説明します。

②売上計上→後日入金パターン

意外と知らない、会計freeeの売上計上方法の全体像②
会計freeeには、さまざまな売上計上方法が用意されています。 なんとなく使ってみても処理は可能ですが、 最適な処理方法を採用できているかは分からないもの。 網羅的に整理してみましたので、 今一度見直す参考にしてみてください。 売上計上の3パターン 会計上の売上の計上パターンには...

③先に入金があり、後になって売上が上がるパターン

意外と知らない、会計freeeの売上計上方法の全体像③
会計freeeには、さまざまな売上計上方法が用意されています。 なんとなく使ってみても処理は可能ですが、 最適な処理方法を採用できているかは分からないもの。 網羅的に整理してみましたので、 今一度見直す参考にしてみてください。 売上計上の3パターン 会計上の売上の計上パターンには...

 


編集後記

昨日は東京にて、「ブログ道場」。
師匠のセミナーを受けてきました。

今の方向性でおおむね大丈夫、という自信が得られました。
ありがとうございました。

昨日の一日一新

ブログ道場
680円の昆布茶(ルノアール)
出先でブログ更新

飯塚 千隼

仙台初のWordPressブロガー税理士・公認会計士。
クラウド会計・Excel・ITを駆使して経理効率化。
詳細なプロフィールはこちら