マインドセット

毎日同じことを繰り返すことのリスク。打破するための一日一新

毎日、同じことをやり続ける、というのは、ラクではあります。
しかし、将来的にマイナスを生む危険性をはらんでいます。

そのリスクを打破するために、私は意識的に、
毎日新しいことを試してみることにしています。


※はじめていったスーパー銭湯にて。
ボールプールで読書ができました!iPhone7にて撮影

 

同じことを繰り返すのはラクである

人はなぜ「同じことを繰り返す」のか。

それは、ラクだからです。
予測可能性が高く、心理的負担が少ない。

何度も同じことをやっているので、
手順が確立されているため、迷わなくて済みます。

また、何度もやっているから、
何が起きるのか、やる前にだいたい分かっています。

 

同じことを繰り返すリスク

しかし、ラクだからといって、
同じことを繰り返し続けていると、
将来的に損失を生むリスクがあります。

 

①前提が変わると対応できなくなる 

ずっと同じやり方をしていると、
いざ前提が変わってそのやり方が通用しなくなった時に、
フレキシブルな対処ができなくなります。

たとえば、今まさにブログ更新していて、このことを痛感しています。

いつもは、事務所内で、無線LANの整った環境で更新しています。
しかし、今日は、出張で東京に来ています。

スマホで記事を書かざるを得なかったり、
ネットが不安定で繋がらなかったり、
狭い場所で文書構成を考えねばならなかったり。

日頃からいろいろと試していればよかった、
と後悔しています。

 

②同じことをやっている限り、ブレイクスルーはない

同じことを続けていると、悪くはなりません。
しかし、良くもなりません。

たとえば、経理業務。

経理業務は、毎日、毎月、毎年、
同じことの繰り返しが多いものです。

毎日現金在高を確認し、
毎月給料を支払い、
毎年決算を締める。

一度やり方が確立されると、それを変えるのが難しい。

繰り返しやっているからといって、
必ずしも効率的とは限りません。

実際、それまで毎回2時間も3時間もかかっていた業務を、
5分に圧縮する、といった効率化支援を何度かやってきたことがあります。

もし今やっていることに疑問を持たず、
やり続けているのであれば、そのようなブレイクスルーはありません。

 

③同じことを繰り返すのは、退屈になる

これは、泳げたいやきくんの世界です。

毎日毎日、鉄板の上で焼かれる。
ひたすら、その繰り返し。
そんなの、いやになっちゃうよ、と。

ここで重要なポイントは、
いやになっちゃう=感情である、という点。

続けていると、感情が落ちてしまうのです。

感情が持つ力はあなどれません。
そしてその感情は、基本的にコントロールできないもの。

繰り返すことが、どんなに合理的、効率的であっても、
感情が下がってしまっては、
パフォーマンスの最大化を図れません。

 

だから、あえて何かを変えてみる、取り入れてみる

このように、同じことばかり繰り返していると、
対応力を失い、ブレイクスルーの機会を逸し、
マンネリを生む、というリスクを背負い込むことになります。

それを打破するために、
私は「一日一新」という習慣に取り組んでいます。

「一日一新」とは、毎日ひとつでも、
新しいことをやってみる、という取り組みです。

たとえば、昨日は、これまで通っていた美容室から、
違うところに変えてみました。

「は?そんなこと何も変わらないだろ?」
と言われそうです。
確かに、美容室を変えてみたところで、何も変わらないかもしれません。

しかし、毎日取り組む、その「意識」が大事なのです。

毎日新しいことをやってみる、その意識が、習慣となれば、
日々柔軟な対応力が身につき、
たまに「当たり」が出ればブレイクスルーにつながり、
マンネリしない新鮮な毎日につながるはずです。

今日ここに記すとともに、
今後ブログの末尾に日々の「一日一新」の取り組みを書いていきます。

 


編集後記

今日はセミナー受講のため、東京へ。
めちゃくちゃ暑いですね。。。
仙台住まいでよかったと実感。

昨日の一日一新

県庁前の美容室

ABOUT ME
飯塚 千隼
仙台の公認会計士・税理士。 スモールビジネスの社長やフリーランスの不安や悩みを解消する近道として、事業の数字を「見える化」する仕組みづくりをサポートしています。 顧問税理士のいない個人事業主の方向けにスポット相談もお受けしています。 詳細なプロフィールはこちら