おすすめツール

ワンランク上のノマドワーカーへ。モバイルサブディスプレイはこれにしておけ

サブディスプレイに繋いでPCで作業しているみなさま。
普段は事務所や自宅で作業をしていても、
たまに気分転換に喫茶店で仕事したいな…なんて時、ありませんか?
そんなとき、まさかサブディスプレイを喫茶店にまで持っていけないので、
仕方なく1画面で作業…
2画面に慣れてしまうと、けっこう窮屈な思いをしたりします。

今日はそんなあなたにお勧めしたい、持ち運び可能なサブディスプレイ、
ASUS「Zen Screen MB16AC」について、書いていきます。

↑左がサブディスプレイ、右がMac Book Pro(13インチ)

 

私が思う、このサブディスプレイのすごいところは、次の3つ。

①持ち運びが自由自在、どこでも2画面!

本体重量780g。Mac Bookが1~2kgなので、けっこう軽いです。
加えて、USBケーブル1本で接続できます。
そして、カバーが無駄がなくコンパクト。

なので、気軽に出先で2画面利用が楽しめます。

↑Mac Book Proと並べると、こんな感じ。A4より、ちょい長め。

↑立てる時は、この2パターン。

↑カバーは磁石でくっつく仕組み。

②WindowsでもMacでも、どっちでも接続可能!

基本はUSB Type-Cケーブルにて接続しますが、
USB Type-C→USB Type-A変換アダプタが同封されているので、
Windowsでも、Macでも接続ができます。

したがって、普段はMacを使っているけど、Winも時々…とか、
今はWinだけど、ゆくゆくはMacにしたいかも…なんて方でも対応します。

↑左がUSB Type-Cケーブル。右がUSB Type-C→USB Type-A変換アダプタ。
つなぐPCの差込口によって、挿せる方を選べます。

③ペーパーレス化にも一役買います

最大解像度は1920×1080ドット。
さすがにMacのRetina ディスプレイには及びませんが、
鮮明な画像が映し出されます。
したがって、書類を作ってちょっとチェックしたい、なんて時に、
サブディスプレイにプレビュー画面を出してやれば、
印刷せずとも書類のチェックができます。
もちろん、お客さんへのプレゼンにも活用できます。

↑右側にサブディスプレイに配置してみた図。
左側に置くか、右側に置くか、いつも迷います。。。

モバイルサブディスプレイの決定版

私自身、ずっと2画面での作業に慣れてしまっていて、
新たにPC環境を整える、となったとき、
出先でも2画面で使える環境がほしいなぁ…というのを思っていました。
また、マシンはMacを導入すると決めていましたが、
Windowsの古いPCも持っているし、
会計ソフトはWindowsしか対応していないものばっかりだし、
選択肢としてWindowsへの接続もできた方がいいなぁという思いもありました。

事務所でも自宅でも喫茶店でも2画面、
WindowsでもMacでも2画面、
おまけに製品保証が3年と長めなので、ずーっと2画面、
そんなPCライフが得られます。

ということで、結論として、
持ち運びができるサブディスプレイに迷ったら、MB16ACにしておけ、です。

興味を持たれた方、ぜひ一度、製品HPにアクセスしてみてください。

ABOUT ME
飯塚 千隼
仙台の公認会計士・税理士。 スモールビジネスの社長やフリーランスの不安や悩みを解消する近道として、事業の数字を「見える化」する仕組みづくりをサポートしています。 顧問税理士のいない個人事業主の方向けにスポット相談もお受けしています。 詳細なプロフィールはこちら