ささやかな「困ってる人を助けたい」がブログを書くモチベーション

ブログを書き始めた当初は、
どんな記事を書くべきか、
いろいろと余計なことを考えてしまいます。

しかし、
ささやかな「困っている人を助けたい」という気持ちを
シンプルにぶつけ、情報提供できればいいと思っています。

せんだい農業園芸センターにて ※iPhone7にて撮影

「これ、困っている人いるかも」がネタになる

このブログは、公認会計士・税理士として得た知見を
ご紹介するのがメインではありますが、
最も読まれている記事は、
仙台駅の乗り換え方法について書いたものです。

ベスト・オブ・仙台駅乗り換えマニュアル①【JR↔地下鉄東西線】
地下鉄東西線が開通して以来、 「仙台駅」の範囲が広がり、分かりにくくなりました。 まず、地下道が広くなって、雨風がしのげるのは嬉しいですが、 どこにいるのかがよく分からない。 それに、出口がやたら増えた気がします。 どこに出れば目的地への最短ルートなのか?いつも迷います。 加えて、地下鉄...

 

東京で働いている間に新たな地下鉄が開通し、
ひさびさに仙台に戻ってきたときに乗り換えがよく分からず、
ネットにも載ってないし、困ったなぁ、
と思って、自分で調べて上げた記事です。

 

正直言って、会計士・税理士業務とは関係ないし、
ここから業務に繋がりそうにもありません。

この記事のことを
「どうでもいいこと書いて、ヒマだな」
などと揶揄されたこともあります。

 

しかし、特にブログをはじめた当初は、
そういった余計なことを考えず、
「困っている人の役に立ちたい」という素朴な思いをぶつければいいのです。

その方が書きやすいですし、
ブログを書くモチベーションにもなります。

 

躊躇せずに記事を上げるために、乗り越えるべき煩悩5選

とはいえ、このように開き直ることができたのはごく最近ですし、
今でも迷うときはあります。

ブログネタを書こうと思ったときに、
自分を躊躇させる煩悩と、
乗り越えるための考え方を5つほどご紹介します。

 

誰も見てくれないんじゃ?書いても意味ないんじゃ?

たしかに、誰かのためにと思って記事を上げても、
アクセス数は思ったほど伸びず、
Google先生にも見放され…へこむことはあります。

しかし、何が世の中に望まれているか、
出してみなきゃ分かりません。

仙台駅の乗り換えの記事も、
当初は、みんな知っているだろう、と思っていました。

自分が困った経験のあることなら、ニーズはあるはずです。
一人でも役に立てば御の字です。

最悪、誰も読んでくれなくとも、次につながります。
書くスキルは上がるし、
書いた内容について詳しくなるし、
そこにあまりニーズが無かったと気づけるからです。

 

そしてそれ以上に、記事を書いたあとの爽快感がたまりません。

実際役に立とうが立つまいが、
納得行くように記事を書いて、ネットに上げる。
それで「困っている人の役に立ちたい」思いがひとつ、成就する気がするんです。

人事尽くして天命を待つ、とでも言うんでしょうか。。。
いったん書いてしまえば、あとはどうなろうと、悔いは無くなります。

結局自己満足?そりゃあそうです。
そんなこと言ったら、あらゆることがそうでしょうよ。

 

間違ってるかもしれない、前提が違うかもしれない

まずは、間違いの無いように、確認するのは当然ですが…

ネットを通じて世の中に出すことを意識しすぎると、
100%非の打ち所が無い、完璧な記事を書こう、
と自分を縛りつけがちです。

しかし、有り体に言ってしまえば、
ブログ記事の活用は読者個々人の自己責任です。

こちらとしては、できる限りのことはしつつも、
その結果についてどうこうはできません。

 

正確性の担保には、限界があります。

たとえば税金の話でも、
厳密に書くと分かりづらかったり、
いろいろな条件がついていたり、
細かいところは解釈次第だったり詳細な検討が必要だったり、
書くハードルはいろいろとあります。

自分の主張を書くにしても、
読者は人それぞれ性格も考えも置かれた環境も違うわけですから、
議論の前提を万人に揃えるのは無理です。

したがって、そこは、
「間違ったら、誤解させちゃったらゴメンナサイ」
と割り切ってしまった方が、
結果的に多くの方にお役に立てるでしょう。

 

時が経ったら考えが変わるかもしれない、よりよい方法が見つかるかもしれない

たしかに、書いた当時は正しいと思っていたことでも、
後々になって、やっぱり違ったとか、
もっといい方法があったとかはありうるでしょう。

ただ、そこも、最終的には読み手の自己責任です。
その時、正しいと思って一生懸命書いたのなら、
それでいいと思うのです。

 

何か検索をして、記事が古いな、と思ったら、皆さんどうします?

やっぱり、そこは割り引いて見ると思うんです。

内容にもよるでしょうが、
古いものは切り捨てて他の記事を探すか、
参考にしても、そこから変わっていないか確認するはずです。

そうやって読み手は取捨選択していますので、
過度に心配する必要はありません。

 

そんなこと書いてもお金にならないんじゃないの?

ブログを書いた当初は、
認知度=アクセス数を上げることが大事です。

であれば、マネタイズ(収益化)することと整合するでしょう。

 

また、書きやすい記事・書きにくい記事というのがあります。
私の場合は、日記のように、
個人的なことをずらずら書くのがあまり得意ではありません。

それより、個性を消した、情報提供に特化した記事の方が、
書きやすかったりします(特にはじめた当初はそうでした)。

 

さらに、(逆のことをいうようですが)
徹底して「人の役に立ちたい」シンプルな思いをぶつけた記事は、
その人の性格が出て、おもしろいものになります。

その人柄が伝われば、直接的ではなくとも、
やはり収益化に繋がっていくのではないでしょうか。

 

ニーズがあるか分からないことに必死になってて、恥ずかしい

いやいや、人の役に立ちたいと思って、
必死に貢献しようとがんばっているのです。

ブログ記事はネットに残り続けるので、
ちょっとしたボランティア活動より、世のためになることがあります。

そんな遠慮はいりません。
胸を張って、どんどん書いていきましょう!

もしあざ笑う人がいたら、無視していいのです。

 

また、ネットを検索しても載っていない内容だと、
「すでに知られているから誰も書いてないだけでは?」
「ここで書いたら、そんな誰でも知ってることを記事にしちゃって!
とバカにされるんじゃ?」
と不安になったりします。

しかし、それは考えすぎですんで、さっと上げましょう。

 

 


編集後記

我らが楽天イーグルスは、
一時の勢いに陰りが出てしまい、
借金がまた膨らみはじめてきました。。。

まぁでもよく球場埋まりますね。
最近行けてないんで、頭が下がります!!

昨日の一日一新

円簿会計
フリーウェイ経理Lite
※一日一新とは→こちら

飯塚 千隼

仙台初のWordPressブロガー税理士・公認会計士。
クラウド会計・Excel・ITを駆使して経理効率化。
詳細なプロフィールはこちら