節税ノウハウ

節税ノウハウ

図解でナットク!個人の節税対策パターン5選

節税対策にはパターンがあります。 このパターンを把握できれば、節税についての理解も進みますし、 取るべき対策をきちんと取れているか?の点検も可能になります。 今回は、フリーランス(個人事業主)の節税対策について、 図をもちいてそのパターンを紹介します。 個人の節税対策パターン フリー...
節税ノウハウ

倒産防止共済に”節税”効果を期待してはいけない

倒産防止共済制度(経営セーフティ共済)は節税の鉄板ネタですが、 「税負担を減少させる」という意味の節税効果は基本的にありません。 これは、退職金を組み合わせようと、 解約返戻金を赤字と相殺させようと、同じことです。 倒産防止共済制度に加入してますか? どんな目的で加入していらっしゃいま...
節税ノウハウ

税制改正で電子帳簿保存にメリットが生まれても、まだ様子見すべき理由

2018年度の税制改正大綱が決定されました。 今回は所得税改革第2弾として、各種控除の見直しが盛り込まれています。 個人事業主や不動産オーナーさんに目を向けると、 2020年分の申告から、 基礎控除が原則として10万円引き上げ(減税)となります。 一方で、青色申告特別控除は、10万円引き下...
節税ノウハウ

昼食代は経費になる??

高額になりがちな夕食代よりも、ご馳走してあげるには敷居が低い昼食代。 経費としても、比較的認められやすい、 といったイメージがあるかもしれません。 ・会議に伴って ・得意先との親睦のために ・社員の福利厚生として さまざまな形で支出するものでありますが、 税務上の考え方はそれほど柔...
節税ノウハウ

実効税率と表面税率の使い分け、ちゃんとできてますか?

法人に対する税率の改正は毎年のように行われており、非常にめまぐるしいです。 直近でも、2018年4月1日以後に開始する事業年度から、 法人税率が23.4%→23.2%に引き下げられることとなっております。 さて今日は、そんな会社の税率に関する話題です。 会社の税目には、法人税、地方法人税、事...
節税ノウハウ

役員社宅は実際どれだけ得をするのか

今日は社長さんの節税対策の王道の一つ、役員社宅制度について解説します。 この制度を使うことのメリットは、以下の2つ。 ①家賃負担の50〜80%程度を、個人の家計→会社に移せる ②個人と会社のトータルのキャッシュ流出が減らせる どういうことかというと、 ①は、賃貸物件を会社名義で契約す...
スポンサーリンク